獣医療関係者の皆様

このサイトは獣医療関係者の方を対象に作成されたサイトです。
獣医療関係者の方は「先に進む」アイコンを、獣医療関係者ではない方は「戻る」アイコンをクリックしてください。

注意:
当サイトに掲載されている情報は最新のものを使用するよう努めておりますが、サイト更新の時期及びその他の事情により最新のものでない場合もございますので、あらかじめご了承の上、ご覧頂きます様よろしくお願い致します。
なお、当サイトご利用にあたり、「ウェブサイトご利用上の注意」をよく読み、ご理解頂いた上でご利用いただきますようお願い申し上げます。

製品メニュー

フォルテコールプラス

フォルテコールプラス

日本初のベナゼプリル塩酸塩とピモベンダンの配合剤

動物用医薬品

要指示医薬品

指定医薬品

コンフォティス錠
  • 犬猫用S
  • 犬猫用M

※フォルテコールプラスには犬が好むフレーバーがついています。

フォルテコールプラスの特長

上記の図は横にスライドできます。

よくある質問

フォルテコールプラスとはどのような製品ですか?
フォルテコールプラスは、日本初のベナゼプリル塩酸塩とピモベンダンの配合剤で、犬の僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全に対する治療薬です。フォルテコールプラスは、ペットオーナー様の日々の毎日の投薬を少しでもシンプルにすることを目的として開発されました。
フォルテコールプラスの主成分・含有量は?
主成分としてベナゼプリル塩酸塩とピモベンダンを配合しています。それぞれの含有量は以下の通りです。

フォルテコールプラスS:ベナゼプリル塩酸塩2.5 mg/ピモベンダン1.25 mg
フォルテコールプラスL:ベナゼプリル塩酸塩10 mg/ピモベンダン5 mg
フォルテコールプラスに使用されているフレーバーはどういったものですか?
人工乾燥香料のフレーバーが使用されています。
分割した錠剤はどのように保存すればよいでしょうか?
気密容器(タッパーやチャック袋など)に入れ、1日以内に使用してください。
どれくらいの期間投与できますか?
とくに投与期間の制限はありません。定期的に検査を行い、継続の可否をご検討ください。
妊娠、授乳中の犬に使えますか?
妊娠および授乳中の動物に対する安全性は確立されていないので、投与しないでください。
副作用は何ですか?
基本的に安全性の高い薬ですが、消化器作用(嘔吐・軟便・下痢)がみられることがあります。また、まれに、ベナゼプリルの降圧作用による虚脱・ふらつき(とくに投与開始初期)や、ピモベンダンの作用による軽度の頻脈がみられることがあります。
フォルテコールは1日1回の投与ですが、フォルテコールプラスは1日2回の投与なのはなぜですか?
ピモベンダンの半減期が比較的短く、1日2回投与する必要があるためです。
ベナゼプリル塩酸塩を1日1回投与する事と、一日量を2回に分けて投与する事には、有効性や安全性に差が無いこと確認しています。
現在ACE阻害剤とピモベンダンを単剤で併用しています。どのように切り替えればよいでしょうか?
切り替える際には、インフォームドコンセントの上、早見表を参考にご処方ください。

ご使用の前には、上記の情報及びその他注意事項に関して添付文書をご確認ください。

ページTOPに戻る

ページTOPに戻る

当サイトは、18歳未満の方向けに制作されたサイトではございません。また、18歳未満の方の個人情報の収集を行いません。
JPCAHEBR00024(1)© 2017 Copyright Elanco Animal Health